洋画

スポンサーリンク
洋画

映画「デンジャー・ゾーン」の吹替え版をNetflixで鑑賞した感想

コロナ禍でステイホームが増えてから、Netflixのオリジナル映画を鑑賞することにハマっています。今回は、アンソニー・マッキー主演の「デンジャー・ゾーン」を鑑賞しました。内容は近未来の戦地でのアンドロイド兵士のお話しです。 あらすじと感想...
映画

『デス・ウィッシュ』の鑑賞記録

『デス・ウィッシュ』(Death Wish)は、2018年にアメリカ合衆国で公開されたアクション映画である。監督はイーライ・ロス、主演はブルース・ウィリスが務めた。本作はブライアン・ガーフィールドが1972年に上梓した小説『狼よさらば』を原...
洋画

映画内で肝になるLIFE誌の社訓(マニフェスト)・精神理念が心に響く、『LIFE!』を観た

観る前は予告がスゴく良い出来だったので期待していなかったんですが、観終わったころにはなんて良い作品だったのだろうと思いました。作品のストーリーや展開はどこか読めたり、やりすぎじゃないと思うところもあるんですが、心に響き記憶に残るシーンが多い...
2019.11.18
洋画

ラスト9分19秒の感動は嘘じゃなかった。「セッション」を観ました。

待ちに待った「セッション」がTSUTAYA独占でレンタル解禁されたので、早速レンタルして鑑賞しました。劇場での鑑賞はタイミングが合わず出来ませんでしたが、レンタル鑑賞後に劇場に行けなかった事を激しく後悔するほどの作品でした。 ...
2018.08.28
洋画

リーアムと犯人のメールのやり取りが、めちゃ早い!『フライト・ゲーム』を観た。

過去の出来事で心に傷を負いながらも、航空保安官として働くビル・マークス(リーアム・ニーソン)。そのビルがいつも通り任務にあたっているフライト中にあるメールが届きます、「指定の口座に1億5000万ドル送金しなければ、20分ごとに機内の誰か...
2018.08.28
洋画

ジェイソン・ステイサムのロン毛はやっぱり変だと思った。『バトルフロント』

バトルフロント(2013年/アメリカ)/ HOMEFRONT / 監督:ゲイリー・フレダー 元麻薬捜査官のフィル・ブローカー(ジェイソン・ステイサム)が、一線を退き田舎町で愛娘マディ(イザベラ・ヴィドヴィッチ)と亡き妻の故郷で第2...
2018.08.28
映画

バラク・オバマが大統領になった事が、いかに凄い事か理解できる作品『大統領の執事の涙』を観た。

アメリカでの黒人への人種差別が、ここまで根深いものだったのかと感じれる作品でした。人種差別をおおまかには知っていたものの他国の話ではあるし、年代的に少しズレてるので非常に浅い知識しか無かったですが、大統領の執事の視点を通して実にわかりや...
2018.08.28
洋画

ミスティークに目を奪われっぱなしだった、『X-MEN:フューチャー&パスト』:★★★★☆

ミュータントと新型ロボット・センチネルとの地球の存亡をかけた戦いを描いてるわけですが、冒頭から最後まで息もつかせぬハイレベルなCGに魅了されます。大抵の部分は戦闘のシーンで、どのシーンもミュータント達が持つ特有の能力を激しくカッコ良く表...
2018.08.28
洋画

悲しき悪役ヒーロー・エレクトロに共感できた、『アメイジング・スパイダーマン2』:★★★★☆

悪役エレクトロ(ジェイミー・フォックス)の真のヒーローに憧れる、悲しきヒーロー像が良かった。全体的に今回はギャグテイストの部分があって楽しめました。2Dで鑑賞したけども、3Dの方が楽しめそうな作品。
2017.09.06
洋画

あきらめなければチャンスは巡ってくると思える作品、『ワンチャンス』

ポール・ポッツの半生を描いた作品、『ワンチャンス』を観ました。 ポール・ポッツと言えばイギリスのオーディション番組で彗星の如く現れた一人。その後スーザン・ボイルが現れると少し影をひそめましたが。。そのポール・ポッツがオーディションに出...
2017.09.06
洋画

『アメイジング・スパイダーマン 2』を観た!デイン・デハーンの生え際が気になってしかたかった。

『アメイジング・スパイダーマン 2』を観ました。前作よりもコミカルな笑いが含まれていて楽しめました。『アベンジャーズ』がヒット以降、作品間の連動とキャラクターの登場の多さが目立つように感じますが、それはそれで目まぐるしくて大好きです。 ...
2017.09.06
洋画

事実に目を背けてはいけないと強く感じた、『それでも夜は明ける』を観た。

目を背けたくなるような『事実』が描かれていた。 まずこの作品を観た時に、中学校の時に観た『シンドラーのリスト』を思い出しました。強烈な歴史の事実を映画作品から感じたのは、それ以来だったのかも知れません。『それでも夜は明ける』は、そのぐらい...
2017.09.06
洋画

兵士の体の痛みまで伝わってくる2時間、『ローン・サバイバー』を観た。

実話ベースの作品は絶望感のケタが違う。 この『ローン・サバイバー』はアメリカ海軍の特殊部隊ネイビーシールズのレッドウィング作戦を基に作成されています。史上最悪の惨事(失敗)とも呼ばれている作戦で多数の死傷者を出すものの、奇跡的に助かった1...
2017.09.06
洋画

あまりリメイク作品だと考えない方が楽しめるかも、『ロボコップ』を観た。

1987年公開のロボコップ>世代としては。 今回のロボコップは、1987年公開のロボコップとはハイテク感が違いすぎました。もちろん時代の流れはあるとしても若干ハイテク過ぎたような感じがします、どこかにアイアンマンを感じます。作品の内...
2017.09.06
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました